小手子

小手子

日出処の天子(漫画)の登場人物。読みは「おでこ」。大伴糠手、泊瀬部大王とは親族関係にある。

登場作品
日出処の天子(漫画)
正式名称
小手子
ふりがな
おでこ
関連商品
Amazon 楽天

概要

大伴糠手の娘。泊瀬部大王の妃の一人。泊瀬部大王との間に蜂子皇子、錦代皇女の二子を設ける。蘇我毛人蘇我馬子に言われて彼女に文を送ろうとしていたが、泊瀬部に先を越されてしまう形となった。実在の人物小手子をモチーフとしたキャラクター。

関連人物・キャラクター

大伴糠手

泊瀬部大王が娘小手子を妃としたことから、弱小豪族ながら大王の相談役として、共に謀略をめぐらし、蘇我氏や厩戸の力を削ぎ、朝廷第一の豪族になろうと企む。実在の人物菟道貝蛸皇女をモチーフとしたキャラクター。... 関連ページ:大伴糠手

泊瀬部大王

穴穂部間人媛、穴穂部王子の同母弟。厩戸にとっては伯父にあたる。享楽的な性格。王子時代は、兄穴穂部王子の影に隠れ、大王となる目は無いものと考えていたが、穴穂部王子が暗殺されたことから、その無能さから毒に... 関連ページ:泊瀬部大王

登場作品

日出処の天子

敏達12年(西暦583年)、朝廷第一財力を持つ大臣蘇我馬子の長子蘇我毛人は、池で水浴びをする少女と出会う。それは少女と見まごうほどの美貌を持った厩戸王子だった。厩戸の持つ不思議な力を恐れつつも、彼に惹... 関連ページ:日出処の天子

SHARE
EC
Amazon
logo