小手川 葵

図書館の主(漫画)の登場人物。読みは「こてがわ あおい」。

  • 小手川 葵
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
図書館の主(漫画)
正式名称
小手川 葵
ふりがな
こてがわ あおい

総合スレッド

小手川 葵(図書館の主)の総合スレッド
2016.01.25 12:43

概要

タチアオイ児童図書館のオーナー。元気ハツラツな老女。不動産を中心に、デベロッパーとしても手を広げる小手川グループの会長。三年前、社長を退き会長になった際、暇を持て余して公立図書館に入り浸り、そこで出会った御子柴の勧める本に感銘を受け、読んだあとあらためて購入した本でタチアオイ児童図書館を設立した。

この際に御子柴を引きぬいている。現在も同館が購入する児童書は、オーナーの読後でないと書架に並べない。「不治の病であと何年生きられるかわからない。生きる力が得られる本がほしい」といつも口にするが、真偽は不明。

登場人物・キャラクター

私立の児童書専門のタチアオイ児童図書館で、司書を務める青年。口は悪いが知識が非常に豊富で観察力に優れ、人を見てその人間にあった児童書を示すことができる。眼鏡をかけ、オトガイがとがっていて、いつも黒いエ...

登場作品

中小企業の課長で、すさんだ生活をしていた30代の男、宮本は、忘年会の帰りに、まだ照明が明るく点った私立のタチアオイ児童図書館に入り込んでしまう。そこで出会った口の悪い男、御子柴貴生と話をし、本の整理を...