小月 風乃進

小月 風乃進

黒い風(漫画)の主人公。読みは「おづき かぜのしん」。別称、黒い風。

登場作品
黒い風(漫画)
正式名称
小月 風乃進
ふりがな
おづき かぜのしん
別称
黒い風
関連商品
Amazon 楽天

概要

黒太夫配下の忍者。徳川方にも恐れられた腕利き。黒太夫の命で新式鉄砲の設計図を受け取り、その帰途に徳川方の忍者に襲われて記憶を失う。こずえ親子に助けられたが、追手の出現で自らが黒い風と呼ばれることを知り、用が済んだら帰るとこずえに約束して、黒い風の素性を調べるために旅立つ。

記憶を失ったため裏切り者と思われ、親友の逆巻小二郎らも手にかけてしまう。仲間の術の影響で記憶を取り戻したが、仲間は徳川方の忍者により全滅。単独で徳川家康の命を狙う。そのため賞金首となり、十三人衆の標的となった。

登場作品

黒い風

江戸時代初期のまだ混乱が続く頃、使命の途中で記憶喪失となった忍者の黒い風が敵と味方に命を狙われ、仲間を失ってからはたった独りで徳川に立ち向かおうとする忍術アクション。 関連ページ:黒い風

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
黒太夫
集団・組織
十三人衆
その他キーワード
新式鉄砲
logo