小東夷

パイナップルARMY(漫画)の登場人物。読みは「しゃおとんいー」。ジェド・豪士とはライバル関係。

  • 小東夷
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
パイナップルARMY(漫画)
正式名称
小東夷
ふりがな
しゃおとんいー

総合スレッド

小東夷(パイナップルARMY)の総合スレッド
2016.01.25 12:38

概要

テロリストたちのカリスマとして、その存在のみ匂わせていた男。ゲリラ戦術を得意とし、消音装置を内蔵した銃を多用する。ベトナム戦争ではベトコンたちを率いてジェド・豪士の在籍した部隊を襲撃し、壊滅寸前にまで追い込んだ。最終章で黒の手紙結社を設立し、ジェド・豪士と対決。

その目的は核廃棄物を搭載したコンテナをベルギーのブリュッセルで爆破させて、ヨーロッパ全土を壊滅することだった。

登場人物・キャラクター

主にヨーロッパを拠点としている日系人で、民間軍事援助組織・CMAの軍事インストラクター。拳銃や爆弾の扱いから格闘技の指導、場合によっては歩兵小隊まるごとの軍事訓練なども請け負う。依頼主に対しては勝つこ...

登場作品

民間軍事援助組織・CMAに所属する元傭兵の軍事インストラクター、ジェド・豪士が、様々な事情により戦う術が必要になった人々に、生き残る方法をレクチャーしていく。そして、ジェド・豪士が依頼を次々と受けては...