小松崎 ワタル

小松崎 ワタル

ブルー・ソネット(漫画)の登場人物。読みは「こまつざき わたる」。小松崎 蘭とは親族関係にある。

登場作品
ブルー・ソネット(漫画)
正式名称
小松崎 ワタル
ふりがな
こまつざき わたる
関連商品
Amazon 楽天

概要

巻き毛の少年。本作での登場時は13歳。静岡県の八溝台学院中等部に通っている。元々孤児であったがラン(小松崎蘭)の血液を輸血され超能力をもつ事になり、以後、彼女の弟として生活する。秘密結社タロンとの戦いでは、桐生仁小半由里達と協力してラン(小松崎蘭)を支援する。

以前からバード(鳥飼修一)を兄のように慕っていた。

関連人物・キャラクター

鳥飼 修一

かつてラン(小松崎蘭)とは相思相愛だったが、タロンの手にかかり死亡。その後タロンの幹部ヨゼフ・メレケスによってサイボーグとなった。小半由里を助け出し、小松崎ワタルの前に現れるが、サイボーグとなった自ら... 関連ページ:鳥飼 修一

小松崎 蘭

肩まで伸びた黒髪の少女。古代超人類の持つ超能力・紅い牙を受け継いでいる。通常はその能力を使う事はできないが、危機に陥ると発動する。その際は髪が赤く逆立った姿となる。紅い牙の制御は不完全で、自分自身を見... 関連ページ:小松崎 蘭

登場作品

ブルー・ソネット

紅い牙と呼ばれる超能力持つ少女小松崎蘭と、秘密結社・タロンが作り出したサイボーグ少女ソネット・バージの闘いを軸に、その背後にある古代人類の怨念も描いた作品。『ハトの旋律』の続編となる『紅い牙』シリーズ... 関連ページ:ブルー・ソネット

SHARE
EC
Amazon
logo