小松 洋子

サトラレ(漫画)の登場人物。読みは「こまつ ようこ」。西山光とは親族関係にある。

  • 小松 洋子
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
サトラレ(漫画)
正式名称
小松 洋子
ふりがな
こまつ ようこ

総合スレッド

小松 洋子(サトラレ)の総合スレッド
2016.01.25 12:36

概要

サトラレであることを本人に認識させないように、サトラレたちを陰日向からフォローするサトラレ対策委員会警護班のメンバー。西山幸夫の警護を担当する。小松洋子が「彼の好みのタイプとは合致せず、友情だけを育める」と判断されての人選で三年ほど担当したが、結果的には幸夫に見初められた。

幸夫以外のサトラレにも数多く関わっており、彼らと普通に接することの難しさを十分に理解していたが、幸夫の子供のような純真さや優しさに惹かれ交際を開始。その後結婚し、幸夫との間に光を授かる。光もサトラレであったため、サトラレとして社会で生きて行くことがどれほど残酷かを知っていた洋子は思い悩む。

そして、一時は山田一郎の誘いに乗って、サトラレの能力を消す手術を受けさせようとするが、光の思念波を受けて考えを改め、娘をサトラレのまま育て上げることを決意。夫が暗殺された後も、女手ひとつで西山光を育てた。

登場人物・キャラクター

ビン底眼鏡がトレードマークの、うだつの上がらない風貌をした大学院生だが、IQ200以上という天才的な頭脳をもつサトラレたちのなかでもトップクラスの知能を持つ。後に核融合発電の理論を完成させた。また、幸...
人類屈指の優秀な頭脳をもつサトラレ・西山幸夫と、彼の警護担当である小松洋子の間に出来た一人娘。サトラレの親を持つ子供は高確率でサトラレを遺伝するため、光もサトラレを患って誕生した。その思念波の力は父親...

関連キーワード

『サトラレ』に登場する組織。サトラレの日常を守るために編成された組織で、国光ひろみが委員長を務める。サトラレの周囲にそれとなく人員を配置し、露見しそうな事態に先回りして対応するのが任務。サトラレの保護...

登場作品

心の中で思ったことが、思念波となって周囲の人々に筒抜けになってしまう奇病・サトラレ。この病を患った人は例外なく天賦の才を備えている。だが、心が無防備に晒されることは耐えがたいストレスをもたらし、自分が...