小林

THE WORLD CUP 1962(漫画)の登場人物。読みは「こばやし」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
THE WORLD CUP 1962(漫画)
正式名称
小林
ふりがな
こばやし

総合スレッド

小林(THE WORLD CUP 1962)の総合スレッド
2016.01.25 12:44

概要

育ての親が寺主を務める寺の小坊主の少年。学校には通っていない。寺主からは「野良犬」と呼ばれ厳しく教えを受けている。亀子のことが好きで、彼女にちょっかいをかけるいじめっ子たちに、日々立ち向かっているが、まったく歯がたたないでいる。

登場人物・キャラクター

同級生のいじめっ子たちに目を付けられている少女。何かと顔を突っ込んでくる小林を若干疎ましく感じている。

登場作品

1962年、米ソ冷戦の緊張が核戦争寸前にまで発展しかけていたころの日本。寺の小坊主・小林は、愛する少女亀子を守るため、日夜いじめっ子と戦っていた。そんなある日、小林は育ての親である寺主さまが倒れている...