小栗 上野介 忠順

小栗 上野介 忠順

天翔の龍馬(漫画)の登場人物。読みは「おぐり こうずけのすけ ただまさ」。

登場作品
天翔の龍馬(漫画)
正式名称
小栗 上野介 忠順
ふりがな
おぐり こうずけのすけ ただまさ
関連商品
Amazon 楽天

概要

徳川慶喜に仕える幕臣で、海軍奉行を務める。聡明な頭脳の持ち主だが生真面目な性格をしており、あくまで徳川家による統治を目指し、対薩長では主戦論を唱えた。慶喜が近江屋事件を生き延びた坂本龍馬と再会し、また勝海舟から進言され、版籍奉還して徳川幕府に終止符を打とうとしたことに不満を覚える。

その行為が岩倉具視を利するだけだと重々承知しながら、幕臣としての誇りのため、陰腹を切った上で自らの手で慶喜を葬り、対薩長戦への道筋を開いた。同時代の実在の人物・小栗上野介忠順がモデルになっている。

登場作品

天翔の龍馬

中岡慎太郎の献身により、近江屋事件を生き延びた坂本龍馬。平和的解決を図ろうとする龍馬が邪魔になった薩長倒幕派による陰謀・王政復古の大号令が発せられることを防ぐため、龍馬が奔走する歴史改変漫画。原作を梅... 関連ページ:天翔の龍馬

SHARE
EC
Amazon
logo