小森 善兵衛

アパッチ野球軍(漫画)の登場人物。読みは「こもり ぜんべえ」。堂島剛とはライバル関係。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
アパッチ野球軍(漫画)
正式名称
小森 善兵衛
ふりがな
こもり ぜんべえ

総合スレッド

小森 善兵衛(アパッチ野球軍)の総合スレッド
2016.01.25 12:37

概要

四国の山奥の猪猿村で畑と商店を営む、村長につぐ権力者。村でただ一軒のよろず屋という立場を利用してあくどくもうけていたが、生協をつくろうとする松崎太一郎村長と対立、次期村長選挙に出馬。贈賄、大阪のヤクザ者を助っ人に雇うなど悪らつな戦術で当選。公正な選挙を訴えた堂島剛を目の敵にし、高校の野球部の活動を、前村長の放漫財政叩きのシンボルとして執拗に妨害する。

息子であるコウモリ(小森)に甘い。

登場人物・キャラクター

大阪の朝陽高校出身。三年生の夏に甲子園を史上初の完全試合で制した野球部のエースであったが、契約金に目がくらんだ父親に反発し自ら腕を傷つけてプロへの進路を断った。分教場の岩城校長が高校就学年齢の子供たち...

関連キーワード

『アパッチ野球軍』に登場する村。所在地は四国・愛媛県の山奥という設定。住民は農家中心の「村の者」、きこりや炭焼きなど「山の者」、村に建設中のダム工事の作業員ら「ダムの者」に分裂して、一触即発になってい...

登場作品

四国の山奥にある猪猿村の高校野球部コーチとして赴任した堂島剛は、村の大人たちの醜い争いに巻き込まれ、妨害を受けながらも、体を張って、荒くれ者の不良生徒たちのやる気と実力を引き出し、一人前の野球チームへ...