小谷所長

小谷所長

BLACK BRAIN(漫画)の登場人物。読みは「こたにしょちょう」。小谷シンジとは親族関係にある。

登場作品
BLACK BRAIN(漫画)
正式名称
小谷所長
ふりがな
こたにしょちょう
関連商品
Amazon 楽天

概要

小谷三弟妹の長女。小谷海洋研究所の所長。ヒトは地上にいる限り脳の発達は限界に来ており、太古のように海に回帰すれば精神性が高い知性体になる。母親の提唱したM・M・E効果(マリン・マインド・エヴォリューションこうか)を実践し、水棲人間を生み出すパラサイトの研究を行っている。

そのため双子の姉弟小谷シンジ小谷アヤコに人体実験を施していた。狂信的に実験を繰り返していたが、これは死んだ母親の霊がとり憑いていたことも原因の一つ。男性用に開発した頭足類型アダプタは完成に近いが、魚類のエラをモチーフとした女性用のアダプタは研究途上にあった。アダプタ普及のためにアダプタをいたずらフリッパーくんという大人の玩具と偽り、モニタリングを行った。

その中に一体だけエラ生成ホルモンを分泌するものが混じっていた。宮前チサトに渡したものが当該アダプタで、これを譲渡された真田が使用してしまい、エラを生成してしまう。人体変容時に大量出血を伴うため、小谷は瀕死の真田を研究所に収容する。小谷所長は弟の小谷シンジに、性行為を代償に実験に協力させている。

真田に寄生したパラサイトが突然変異体であったことから、研究を優先させることに取り付かれる。小谷シンジにパラサイトを移植する施術行い、強引に実験を進めようとする。宮前チサトを仲間に引き入れようとしたことで、兄である宮前カオルを呼び寄せてしまう。

宮前カオル受波脳と、霊導士サチコの霊能力を得た石田リカの協力攻撃で、パラサイトに寄生されて、身体イメージを操作されたことで、イソギンチャクに似た水棲人間となってしまう。

関連人物・キャラクター

小谷シンジ

小谷三弟妹の長男。双子の妹に小谷アヤコがいる。母親の提唱したM・M・E効果(マリン・マインド・エヴォリューションこうか)を実践し、水棲人間を生み出すパラサイトの研究に協力。頭足類をモチーフとした男性用... 関連ページ:小谷シンジ

登場作品

BLACK BRAIN

AD3777年自由意思を持った最後のヒトが死んで以来、自由意思を持たぬヒト達はヒテロの万能資源として生き続けることが可能となっていた。ヒト達の骨、肉、臓器はあらゆる場面で活用され、AD3902年ついに... 関連ページ:BLACK BRAIN

SHARE
EC
Amazon
logo