小野 つばさ

小野 つばさ

青空エール(漫画)の主人公。読みは「おの つばさ」。別称、つばさ。

登場作品
青空エール(漫画)
正式名称
小野 つばさ
ふりがな
おの つばさ
別称
つばさ
関連商品
Amazon 楽天

概要

やや小柄で気の弱い女の子。北海道札幌市立白翔高校に入学し、吹奏楽部に入部。楽器はトランペット。3月2日生まれ。小学生の頃に、甲子園で野球部を応援するブラスバンドをテレビで見て心を奪われた。「いつか自分も」と思っていたが、厳しいので止めた方がいいと周囲から制止されてきたが、白翔高校入学を機に吹奏楽部に入部。

だが、そこは厳しい練習、厳しい先生、厳しい先輩、厳しい部則、馴染めない同級生という状態であり、まったくの初心者であるつばさはお荷物扱い。同じ1年の水島亜希からは「辞めてほしい」とまで言われてしまう。以前から俯いて靴を見るクセがあり、クラスメイトで野球部の山田大介が上履きに描いた笑顔マークが心の支えとなっていた。

二人で目標を話しているうちに、甲子園でプレイする大介と、応援のためにトランペットを吹いているつばさの光景を共有するようになった。それから大介に励まされながら、少しずつ部員として成長していく。甲子園への予選敗退の原因となったエラーをした大介のため勝手にトランペットを吹いたり、腱鞘炎を隠していた先輩の家に通いつめたり、多くの騒動の中心となる。

その結果、本人も意識しないうちに部の精神的な中心となり、杉村からは「部員を団結させたいときにはつばさを怒ろう」とまで言われるようになる。演奏者としては3年になってもレギュラーギリギリというレベル。それでも調子の悪い水島くらいになった。

好意を抱いた大介に対して、1年の夏に1回目、2年の夏に2回目の告白をした。1回目はそれどころではないと断られたが、2回目はしばらく後に大介からも告白されて両思いに。修学旅行の自由時間に、二人で甲子園に行くなど、楽しい思い出も増えてきている。ついに3年の夏、甲子園出場が決まり、大介と共有していた夢の光景が実現した。

当初は気弱でオドオドしていたが、一方で思い込みの激しい頑固者。問題にはとことんぶつかって、くじけない。

関連人物・キャラクター

山田大介

小野つばさの1年と2年のクラスメイト。1月20日生まれ。大きな体で坊主頭。野球部員で、ポジションはキャッチャー。右投げ右打ち。中学時代から注目されており、先輩を慕って白翔高校に来た。甲子園出場を夢見て... 関連ページ:山田大介

関連キーワード

北海道札幌市立白翔高校

創立72年で、吹奏楽と野球の名門として知られる。野球部は、甲子園出場12回(春5回、夏7回)、吹奏楽部は全国大会金賞16回。しかし、近年はいずれも芳しくない。野球部は山田大介が3年のときに10年ぶりの... 関連ページ:北海道札幌市立白翔高校

登場作品

青空エール

吹奏楽と野球の名門校として名高い北海道札幌市立白翔高校に入学した小野つばさ。いつかトランペットで甲子園のスタンドに立って野球部を応援するのが夢だった。トランペット初心者のつばさは何度もくじけそうになり... 関連ページ:青空エール

SHARE
EC
Amazon
logo