小野島 一花

小野島 一花

たそがれたかこ(漫画)の登場人物。読みは「おのじま いちか」。片岡隆子とは親族関係にある。

登場作品
たそがれたかこ(漫画)
正式名称
小野島 一花
ふりがな
おのじま いちか
関連商品
Amazon 楽天

概要

長い黒髪で、身長165cmある少女。初登場時は15歳。名門の女子中高一貫高に通っている。父小野島馨、義母小野島瑞希と一緒に住んでいるが、時折、実母片岡隆子の元に現れる。離婚した当初は片岡隆子を「ママさん」と呼んでいたが、父が再婚してからは「おたかさん」と呼ぶ。ある日「軽くなりたかったから」と言って髪を金髪に染め、学校に行かず片岡隆子の家に閉じこもるようになる。

同時に、ほとんど食事を摂らなくなる。

関連人物・キャラクター

片岡隆子

初登場時は45歳。眼鏡をかけた黒髪の中年女性。江東区・深川で、アパートの大家をしている母、片岡小夜子と共にその一室に住む。日本橋の社員食堂の厨房で働いている。人間関係が苦手で、6年勤めてもいまだに同僚... 関連ページ:片岡隆子

登場作品

たそがれたかこ

東京・深川に老いた母と2人で住む片岡隆子は45歳。人間関係が苦手で未だに職場では馴染めず、別れた夫、小野島馨の元にいる娘の小野島一花を想って涙するなど鬱屈した日々を送っていた。ある夜、美馬修平に声を掛... 関連ページ:たそがれたかこ

SHARE
EC
Amazon
logo