小鈴

小鈴

龍-RON-(漫画)の登場人物。読みは「こすず」。押小路 冬馬とは親族関係にある。

登場作品
龍-RON-(漫画)
正式名称
小鈴
ふりがな
こすず
関連商品
Amazon 楽天

概要

『龍-RON-』に登場する人物。の幼馴染で京都一と謳われる芸妓。と想い合っていたが、の叔父の卓磨に強引に落籍されて、卓磨の妾となった。卓磨との間に一人息子の冬馬がいる。事業拡大のため中国へ渡った卓磨に同行し、大連を代表する料亭の女将に転身。身請けした卓磨に対しては、逆らうことなく静かに従っているが、冬馬を守るためであれば手段を選ばない強い意思をもっている。

関連人物・キャラクター

押小路 龍

京都の財閥・押小路家の嫡男として生まれたが、跡取りとなることを拒否し、日本有数の武道家育成機関・武道専門学校で剣道に励む。しかし、在学中に押小路家の女中田鶴ていと恋仲となり、結婚を機に退学。父が暴漢に... 関連ページ:押小路 龍

押小路 卓磨

『龍-RON-』に登場する人物。押小路一磨の実弟で、龍の叔父。押小路財閥の実験を握っている。京都一の芸妓と呼ばれた小鈴に惚れ込み、強引に身請けして妾にした。実業家として歩みだした龍を後継者として育てる... 関連ページ:押小路 卓磨

押小路 冬馬

『龍-RON-』に登場する人物。押小路財閥の総帥となった押小路 卓磨とその妾小鈴の間に生まれた子供。素直で明るく、母親思いの優しい性格。卓磨が死の直前に自分には子種がないので冬馬は自分の子供ではないことを龍に明かした。

登場作品

龍-RON-

1928年、京都の財閥の御曹司として生まれた主人公・押小路龍は、数奇な運命に翻弄されながらも、それに負けることなく信念を貫き、彼を影で支える妻・ていとともに逞しく生きていく。昭和初期から太平洋戦争終結... 関連ページ:龍-RON-

SHARE
EC
Amazon
logo