少佐の父

少佐の父

エロイカより愛をこめて(漫画)の登場人物。読みは「しょうさのちち」。別称、じじい。クラウス・ハインツ・フォン・デム・エーベルバッハとは親族関係にある。

登場作品
エロイカより愛をこめて(漫画)
正式名称
少佐の父
ふりがな
しょうさのちち
別称
じじい
関連商品
Amazon 楽天

概要

エーベルバッハ少佐の父親。スイスのチューリヒに隠居して、回顧録を執筆中。第二次大戦中は、ドイツ軍の戦車隊長であった(ナチスではなかった)。回想シーンに姿を表したが現在の姿は出てこず、電話か執事への伝言で存在を垣間見せるのみである。名前・年齢は不明。

少佐に無理難題を言う。少佐は内心で、彼を「じじい」と呼んで煙たがっている。

関連人物・キャラクター

クラウス・ハインツ・フォン・デム・エーベルバッハ

NATOドイツボン支部の情報部将校(少佐)。長身で漆黒の長髪、鋭い目つきのドイツ人。年齢不明。知力・体力・精神力全てに優れており、非常にストイックですべてに仕事を優先させる。ついた呼び名が「鉄のクラウ... 関連ページ:クラウス・ハインツ・フォン・デム・エーベルバッハ

登場作品

エロイカより愛をこめて

美形で男色家のイギリス人美術品泥棒(通称エロイカ)と、ドイツのNATO情報将校(通称「鉄のクラウス」)が、ヨーロッパを舞台に、お互いの目的の遂行のために協力したり反目したりして繰り広げるスパイアクショ... 関連ページ:エロイカより愛をこめて

SHARE
EC
Amazon
logo