少佐

HELLSING(漫画)の登場人物。読みは「しょうさ」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
HELLSING(漫画)
正式名称
少佐
ふりがな
しょうさ

総合スレッド

少佐(HELLSING)の総合スレッド
2016.01.25 12:38

概要

ナチスの残党組織ミレニアムの統率者。主に「少佐」と呼ばれているが本名は不明。「総統代行」と呼ばれることもある。ナチスでの所属は親衛隊(SS)。第二次世界大戦中に「総統閣下」から特命を受け、「人造吸血鬼の製造計画」および「極秘物資人員輸送計画」を推進。本人曰く「“手段”のために“目的”を選ばない」タイプで、本来は手段であるはずの「戦争」を起こすこと自体を目的とし、英国に化物を送り込んだ。

少佐の代表的な台詞ともいえる「諸君、私は戦争が好きだ」から始まる大演説ののち、英国本土を蹂躙する「第二次ゼーレヴェ作戦」を発動。ロンドンを化物が闊歩する死の都へと変貌させた。

吸血鬼を生み出した立場でありながら、本人は化物と化すことを否定。全身を機械に置き換えようと「人間」であり続けることにこだわった。

登場人物・キャラクター

ナチスの極秘物資人員輸送計画の計画名、及び、それの実行者達を示す名称。第二次世界大戦の初期からドイツ占領地を周り、書類を改ざんしながら大量の物資・人員を南米へと輸送した。その目的は「不死者(アンデッド...

登場作品

主人公の吸血鬼アーカードは、英国の特務機関・王立国教騎士団(通称・HELLSING)に所属する、化物退治のエキスパート。HELLSING局長インテグラの命に従い、英国を脅かす化物達を狩っていた。英国で...