少年のジャック

バイオレンスジャック 学園番外地編(漫画)の登場人物。読みは「しょうねんのじゃっく」。別称、風の又。殺し屋三兄弟とはライバル関係。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
バイオレンスジャック 学園番外地編(漫画)
正式名称
少年のジャック
ふりがな
しょうねんのじゃっく
別称
風の又

総合スレッド

少年のジャック(バイオレンスジャック 学園番外地編)の総合スレッド
2016.01.25 12:35

概要

少年の姿をしているが、バイオレンスジャックの分身で人間離れした力を持っている。ジャックナイフの他、弓矢を武器とする。番長介が主催するボロ小屋の小学校にフラリと現れ、入学。風の又というあだ名を付けられる。小学校の子供を平然と殺した殺し屋三兄弟と戦う。

登場人物・キャラクター

関東地獄地震で無法地帯と化した関東に忽然と現れた身長2m20cmの巨人。刃渡り40cmの鉈のようなジャックナイフを武器とする。魔王スラムキングの力が増大しているのを感じ、全力でキングをたたこうとする。...
番長介が主催する小学校に通う若い女性。裸のうえにヒョウ柄の毛皮を羽織るなど挑発的な格好をしているが、じつは純粋な少女。殺し屋三兄弟に犯されそうなところを少年のジャックに救われる。

関連キーワード

3人兄弟で、日本刀や手甲鉤などが武器。関東のハイエナと呼ばれ、金のためなら女子供も厭わず殺す。魔王スラムキングの命を受け、バイオレンスジャックを探して歩くうちに、番長介が主催する小学校にたどり着く。

登場作品

関東地獄地震により文明が崩壊した関東の片隅。元中学教師・番長介は、ボロ小屋を建て、規則に縛られない自由な学校を主催していた。フラリとやってきた少年の姿をしたバイオレンスジャック(少年のジャック)は、学...