尾黒

百鬼夜行抄(漫画)の登場人物。読みは「おぐろ」。尾白とは親族関係にある。

  • 尾黒
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
百鬼夜行抄(漫画)
正式名称
尾黒
ふりがな
おぐろ

総合スレッド

尾黒(百鬼夜行抄)の総合スレッド
2016.01.25 12:41

概要

『百鬼夜行抄』に登場する妖怪。鳥が山伏の装束を着た姿をしている。前世は尾黒と双子の兄妹で兄にあたる。飯嶋律の使い魔で、若い人間の男性の姿に化けることができるため、単独で彼のお供を勤めることが多い。道案内の際には「も」と筆でかかれたもののけ提灯を用いて、もののけ道を通る。飯嶋開の従者として働くことも多い。

登場人物・キャラクター

『百鬼夜行抄』に登場する妖怪。鳥が山伏の装束を着た姿をしている。前世は尾黒と双子の兄妹で妹にあたるが、仲はあまり良くない。尾黒と共に飯嶋律の使い魔をつとめている。酒豪の飯嶋司を「姫」と呼んで慕っている...
黒髪の気弱そうな若者。初登場時は16歳。物腰は柔らかいが、容易に人に本心を見せない。一浪した後、恵明大学に入学し、民俗学を専攻する。生まれつき強い霊感を持ち、幽霊や妖怪が見え、会話をすることができる。...
40代半ばの男性。飯嶋律の叔父で顔立ちが似ているが、冷然とした雰囲気を持っている。父・蝸牛(飯嶋伶)から勘当された後、26年間行方不明になっていたが、飯嶋律の手助けで戻る。強力な霊能力を持ち、式神達を...

登場作品

飯嶋律は亡くなった祖父・蝸牛(飯嶋伶)譲りの霊感を持ち、日常的に妖怪や幽霊が見える。同じく霊感のある従姉の飯嶋司・広瀬晶と共に、何度も不可思議な出来事に巻き込まれる。しかし妖魔に対応する法力などは無い...