屋敷の女

神の左手悪魔の右手(漫画)の登場人物。別称、蜘蛛。

  • 屋敷の女
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
神の左手悪魔の右手(漫画)
正式名称
屋敷の女
別称
蜘蛛
別称
おくさま

総合スレッド

屋敷の女(神の左手悪魔の右手)の総合スレッド
2016.01.25 12:41

概要

『神の左手悪魔の右手』の「女王蜘蛛の舌」に登場する、山の屋敷の女主人。栗津(くりづ)という男の使用人がいる。山の辺想と姉の山の辺泉は、父と同じ病院に勤める外科医の高品明に連れられ、高品の友人木玉が経営するペンションに遊びに向かう。木玉は痩せ衰えており、その夜、謎の死を遂げてしまう。

怪しい気配を感じたは、ペンションの廊下で大きな蜘蛛を捕獲した。木玉の死により私立病院に行ったたちがペンションに戻ると、栗津が蜘蛛を捜し回っていた。栗津は高品に屋敷のおくさまの容態が悪いので、診てほしいと頼む。屋敷のベッドで女主人は口から大量の血を流して呻き声を上げており、高品が口の中を診察すると、大きな蜘蛛の形にえぐられたような傷が舌に付いていた。

登場作品