山下 哲

山下 哲

どついたれ(漫画)の主人公。読みは「やました てつ」。別称、哲。

登場作品
どついたれ(漫画)
正式名称
山下 哲
ふりがな
やました てつ
別称
関連商品
Amazon 楽天

概要

戦災孤児となり、妹の美保とともに暮らす。同じく戦災孤児の靴磨きたちを取り仕切っていたが、進駐軍の兵士を襲って怪我を負わせ逃亡。ほとぼりが冷めると、葛城健二が興した葛城製作所に雇われる。カストリ雑誌で稼ごうとして、高塚修にヌードを描かせるが、できあがった本は警察の取り締まりにあう。

刑事の野良久に目の敵にされている。女性と肉体関係に及ぼうとすると、米兵相手の街娼婦、パンパンとなった妹の顔が思い浮かび、童貞を捨てきれずにいる。マッカーサー将軍を、親の敵として憎む。

登場作品

どついたれ

空襲で焼け野原となった大阪。戦災孤児の山下哲を中心に、社会の底辺で生きる人々がたくましく生きていく様を通して、戦後の経済史に迫ろうとした未完の傑作。作者の希望によって一旦連載が終了、その後、構想新たに... 関連ページ:どついたれ

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
集団・組織
logo