山井 真琴

描かないマンガ家(漫画)の登場人物。読みは「やまのい まこと」。別称、電魔 姦汁漏。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
描かないマンガ家(漫画)
正式名称
山井 真琴
ふりがな
やまのい まこと
別称
電魔 姦汁漏

総合スレッド

山井 真琴(描かないマンガ家)の総合スレッド
2016.10.03 20:48

概要

大日本エンターテインメント専門学校・漫画家養成コースに通っていた、渡部勇大の同級生。さらさらの長い髪の毛が特徴で、かつて4年間引きこもっていた。有名漫画雑誌「少年ダンプ」で実力を認められ、学生時代から担当編集が付いている。触手もののエロ漫画を描くことが「鬱屈した感情から唯一解放される瞬間」と述べ、「電魔姦汁漏」のペンネームで作品を作っていた。

エロ漫画を描くことを否定され苦しんでいたが、渡部の言葉に救われ、恋心を寄せるようになる。渡部に認められるために「少年ダンプ」での連載を始めるも、渡部が野方佳奈子と付き合っているのを知りショックを受け、さらに売れることを目指す。連載を描き続けることで徐々に、エロ以外でも描いていて楽しいと感じるようになった。

渡部のブログを定期的に読んでおり、彼が自殺しようとしたとき真っ先に引き止めに行き、肉体関係を持った。おとなしい性格で自己主張が苦手だが、細かいところに気を配り自分の我を曲げない頑固な人物。マキシム・デュペルテュイ梅村をアシスタントとして雇っている。

登場作品

漫画家養成の専門学校に通う渡部勇大は、自称漫画家。ペンネームは「器根田刃」。しかし彼は一回もネームすら描いたことがない。どうしようもなく絵が下手で、思い込みが激しすぎる人物。その上、常日頃えらそうに漫...