山吹木 喬

オールラウンダー廻(漫画)の登場人物。読みは「やまぶき たかし」。別称、タカシ。山吹木哲夫とは親族関係にある。

  • 山吹木 喬
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
オールラウンダー廻(漫画)
正式名称
山吹木 喬
ふりがな
やまぶき たかし
別称
タカシ

総合スレッド

山吹木 喬(オールラウンダー廻)の総合スレッド
2016.01.25 12:41

概要

旧姓は瀬川。空手の道場主の孫であり、高柳廻とは幼いころの同門であった。当時から、勝ちにこだわらないとは違い、自分が負けることが何よりも許せないタイプの選手だった。その後、とは疎遠になっていたが、修斗のアマチュア大会の初戦で再会する。空手を中心に、ムエタイなども取り入れた打撃重視のスタイルだが、寝技にも強い。

また、叔父の山吹木哲夫のボディガードを務める趙相明にボクシングを習い、空手のスタイルに取り入れている。幼いころから強さを求める、ストイックな性格。左肩と右腰に刺青を入れている。幼いころ暴力団に父親を殺され、その復讐のために生きるようになるが、復讐相手が刑務所で死んだために、目標を失う。

登場人物・キャラクター

山吹木喬の叔父。暴力団慶湧会の組長でもある。喬に目をかけて、ヤクザの道に入ることを奨めているが、きっぱりと断られる。冷徹非常な人間であり、復讐に駆られる喬を冷たい言葉で一笑に付す。

登場作品

高柳廻は、総合格闘技ジムファイターズ・ブリューで修斗を学ぶ高校生。ある日、試合会場で偶然にも幼なじみの山吹木喬と、試合相手として再会する。為す術なく敗北してしまう廻だが、真剣に戦う喬の姿に影響され、修...