山城 理音

ちはやふる(漫画)の登場人物。読みは「やましろ りおん」。綾瀬千早とはライバル関係。山城今日子とは親族関係にある。

  • 山城 理音
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
ちはやふる(漫画)
正式名称
山城 理音
ふりがな
やましろ りおん

総合スレッド

山城 理音(ちはやふる)の総合スレッド
2016.01.25 12:38

概要

富士崎高校の二年生で、綾瀬千早とは同学年。専任読手(試合で歌を詠みあげる役)・山城今日子の孫でもある。綾瀬千早に匹敵する“感じ(聞き分け能力)”の良さを持つが、場数・練習不足ゆえに、その力が完全に発揮されるのは山城今日子が読手を担当するときだけ。また、読みの美しさに対する好みが激しく、嫌いな読みだと途端に手抜きをするため、他の部員から煙たがられていた。

が、綾瀬千早との対戦で負ける悔しさを学び、真剣に競技かるたと向き合うようになる。

登場人物・キャラクター

『ちはやふる』の主人公で都立瑞沢高校に通う女子高生。芸能事務所に所属する姉・綾瀬千歳に似た小顔と、姉以上のスレンダーな体型を持つモデル系美人。だが、恋愛感情がまだ未熟で服装(私服は姉のお下がりのためオ...
大江奏が憧れる7名の専任読手(試合で歌を詠みあげる役)のひとりで、富士崎高校・山城理音の祖母。『ちはやふる』に登場する読手のなかでは、とりわけ美しく、歌の背景や情感を乗せた情報量の多い詠みをするとされ...

登場作品

世界観本作は現代の日本をモチーフとした作品。より正確に述べるなら、連載が開始された2007年以降の世相がストレートに反映されている。作中ではっきりと明記されてはいないものの、主人公である綾瀬千早らが暮...