山崎 銀次郎

硬派銀次郎(漫画)の主人公。読みは「やまざき ぎんじろう」。まもるとは親族関係にある。

  • 山崎 銀次郎
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
硬派銀次郎(漫画)
正式名称
山崎 銀次郎
ふりがな
やまざき ぎんじろう

総合スレッド

山崎 銀次郎(硬派銀次郎)の総合スレッド
2016.01.25 12:41

概要

下町にある天茶中学で番長を務める。事故死した兄が残した赤ん坊まもるをたった一人で育てていた。140cmそこそこの短躯だが、喧嘩にはめっぽう強く、筋が通らない事には敢然と立ち向かう漢気の持ち主である。ただし、恋愛関係に関してはまったくの奥手で、やや男尊女卑の傾向がある。

登場人物・キャラクター

交通事故により死亡した銀次郎の兄の息子。まだ言葉も拙い赤ん坊である。第一話で母親のもとに引き取られることになり、以後は登場しない(続編である『山崎銀次郎』最終話に成長した姿で登場する)。
東南アジアにあるコンガ国の王女。反政府派に命を狙われたところを銀次郎に救われる。天真爛漫な性格で、日本語も話せるが、言葉遣いはかなりおかしい。
『硬派銀次郎』に登場する犬。真弓の家で飼われているセントバーナードの成犬。巨体の割りに甘ったれで非常に気が弱かったが、散歩役を引き受けた銀次郎に鍛えられ、見違えるように逞しい犬に生まれ変わった。以後は...

登場作品

天茶中学の番長山崎銀次郎は、兄が残した赤ん坊まもるとのふたり暮らし。他には家族も親類もおらず、新聞配達のバイトで生計を立てている。喧嘩の強さや筋の通った言動で、男女問わず生徒からの人気は高いが、硬派の...