山本 和代

アタックNo.1(漫画)の登場人物。読みは「やまもと かずよ」。鮎原こずえとはライバル関係。

  • 山本 和代
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
アタックNo.1(漫画)
正式名称
山本 和代
ふりがな
やまもと かずよ

総合スレッド

山本 和代(アタックNo.1)の総合スレッド
2016.01.25 12:41

概要

千葉の東都学園で本郷監督に見出されるも、監督の練習法にもの足りず、同じ千葉の青葉学園に転校する。185センチ、80キロの巨体から放つ大ボール・スパイクは相手チームに必ず負傷者を出す。鮎原こずえとの決着に執念を燃やす。

登場人物・キャラクター

腸が弱く、リンパ腺が腫れる病気で、東京の両親の元から叔父、叔母のいる静岡県富士見市富士見が浜にある富士見学園に転校してきた(当時中学2年生)。後日、両親も富士見が浜に越してきている。転校当初はスポーツ...

関連キーワード

『アタックNo.1』に登場する技。青葉学園の山本和代選手が使うスパイクで、レシーバーが受ける直前ボールが巨大化する。回転させずに強く打たれたボールが歪み、元に戻ろうとしてブレるため。練習試合で早川みど...

登場作品

東京から静岡県の富士見学園に転校してきた鮎原こずえは、バレー部員に絡まれたことから、バレー部と不良グループをバレーの試合で勝負させることになり、その結果、不良たちを勝たせてしまう。こずえは東京で名門の...