山本 孫太郎

山本 孫太郎

まんが極道(漫画)の登場人物。読みは「やまもと まごたろう」。別称、山本 孫太郎虫。

登場作品
まんが極道(漫画)
正式名称
山本 孫太郎
ふりがな
やまもと まごたろう
別称
山本 孫太郎虫
関連商品
Amazon 楽天

概要

第7話・14話・40-41話(前後編)の主人公。第7話では、飛ぶ鳥を落とすほどの売れっ子漫画家で、「週刊少年青虫」に『ごわごわくん』を、「YOUNGコガネムシ」に『かつぶし番長』を連載し、前者は累計五千万部の販売実績を誇る。しかし、アシスタントや、妻に暴力を振るったり虐待を行うような性格破綻者であった。

特にアシスタントに対しては、食事はカップ麺のみ、トイレは一日一回、作画ミスをすると罰金を科し給料から天引など、悪鬼の如き所業に及ぶ。第14話の頃から人気に陰りが生じ、第40・41話で雑誌連載をすべて切られ、ゲームのコミカライズの仕事も失敗して転落していくさまが描かれる。第74話で、その後の姿が少しだけ登場する。

登場作品

まんが極道

漫画業界や同人誌界で、人々が起こしたエピソードや起こりそうな話を、虚実取り混ぜて過激に戯画化して毎回完結一話16ページのギャグ漫画として描いているため、特にあらすじは存在しない。しかし、それぞれの話で... 関連ページ:まんが極道

SHARE
EC
Amazon
logo