山本 春平

山本 春平

響~小説家になる方法~(漫画)の作品登場人物。読みは「やまもと しゅんぺい」。

登場作品
響~小説家になる方法~(漫画)
正式名称
山本 春平
ふりがな
やまもと しゅんぺい
関連商品
Amazon 楽天

概要

24歳で銀都社の第59回勁草新人賞を受賞し、文壇デビューした男性作家。デビュー作「オリヴィエに花束」が芥川賞にノミネートされた過去を持つ。普段は工事現場でアルバイトし、夜間に執筆をしている。無口で人付き合いが悪いが、コツコツ堅実に机に向かう努力家。芥川賞に三度ノミネートされたあと、しばらくのあいだ候補作にすら選ばれなくなっていた。

これに苦悩し、アルバイトをやめて小説一本に集中した結果、「豚小屋の豚」で久しぶりに芥川賞候補にノミネートされた。結局芥川賞は響の「お伽の庭」が受賞したため、山本春平は受賞を逃した形になったが、死を選ぼうとすら思いつめていた山本は響に叱咤激励されて、立ち直った。

登場作品

響~小説家になる方法~

天才的な小説の才能を持つが、非常識な性格の女子高生の鮎食響が、周囲の人々に大きな影響を与え、騒動を巻き起こす姿を描いた青春小説。 関連ページ:響~小説家になる方法~

SHARE
EC
Amazon
logo