山本 賢司

秘密—トップ・シークレット—(漫画)の登場人物。読みは「やまもと けんじ」。

  • 山本 賢司
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
秘密—トップ・シークレット—(漫画)
正式名称
山本 賢司
ふりがな
やまもと けんじ

総合スレッド

山本 賢司(秘密—トップ・シークレット—)の総合スレッド
2016.01.25 12:36

概要

科学警察研究所法医第九研究室、通称「第九」の所員。身長161cmで体重55kg。2025年6月27日生まれ。A型、かに座、出身地は長崎県。小さい頃の夢は裁判官。既婚者で中2と小学生の娘2人の父。

元副検事で司法試験と国家公務員Ⅰ級に合格しているエリートである。元副検事としての能力を買われ、薪剛によって「第九」にスカウトされた。「第九」が潜在的に抱えている、プライバシー保護や捜査の合法性に関する訴訟の可能性に対処する専門家としての活躍が期待されている。

学生時代の過酷なイジメ体験から対人恐怖症となり、性格は内向的で暗く、目つきも悪く、頭はかなり禿げている。「第九」内部の機密漏洩事件の渦中に配属されたため、捜査員たちから疑惑の目で見られてしまった。さらに年齢が同僚内で上なこともあり、「第九」に馴染めず浮いた存在だったが、徐々にメンバーとして打ち解けていく。

関連キーワード

MRI捜査を専門に行っている組織。科学警察研究所に属するが、警察庁内の正式な機関という位置付けではない。基本的に現行の事件は他部署と合同で行う。

登場作品

世界観タイトルの「秘密」は個人が「墓まで持っていく秘密」を意味している。この「秘密」は今までは決して暴かれることがなく、本人の死亡と共に永遠の謎となるはずだった。ところが、毎日自分が頭の中で思い描く、...