山村 仁左衛門

岸辺露伴 ルーヴルへ行く(漫画)の登場人物。読みは「やまむら にざえもん」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
岸辺露伴 ルーヴルへ行く(漫画)
正式名称
山村 仁左衛門
ふりがな
やまむら にざえもん

総合スレッド

山村 仁左衛門(岸辺露伴 ルーヴルへ行く)の総合スレッド
2016.05.06 18:10

概要

300年ほど前に、「この世で最も黒い絵」を描いたとされる絵描き。樹齢千年以上の大木の幹の中から発見したあるものを顔料にして、輝くような漆黒の絵を描く。しかし木を切り倒したことが法令に触れ、殿様の怒りを買って処刑されてしまう。それに伴って絵も処分されたが、隠し持っていた最後の1枚が後世に発見され、それがルーヴル美術館に買い上げられる。

登場作品

まだ漫画家としてデビュー前だった岸辺露伴は、祖母の持つアパートに滞在中、入居者である藤倉奈々瀬と出会う。その彼女が突然姿を消して10年、漫画家として成功した露伴は、あるきっかけで彼女が口にしていた「こ...