山田なぎさの母

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない(漫画)の登場人物。読みは「やまだなぎさのはは」。山田なぎさとは親族関係にある。

  • 山田なぎさの母
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない(漫画)
正式名称
山田なぎさの母
ふりがな
やまだなぎさのはは

総合スレッド

山田なぎさの母(砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない)の総合スレッド
2016.01.25 12:42

概要

明るく元気な性格で、おしゃべり好き。今はスーパーのパートで働いている。父が亡くなっており、生活保護を受けている。高校時代、海野雅愛の後輩で、彼をエキセントリックで変な人だった、と語っている。

登場人物・キャラクター

元々山田なぎさの住む田舎にいたミュージシャンで、東京から海野藻屑と共に戻ってきた。彼の曲「人魚の骨」はCMなどに起用され、多くの人に知られている。テレビでは繊細な美貌をウリに人気があったが、今は粗暴な...
田舎の住宅で母と兄の友彦の3人で暮らしている。厭世的な性格で、周囲の環境に嫌気がさしており、早く大人になるために、卒業後は自衛隊に入ろうと決めている。動物が好きで、飼育委員でうさぎの世話をしている。あ...

登場作品

田舎で鬱屈を溜め、早く大人になりたいと願う山田なぎさ。彼女の学校に転校してきたのは、自分を人魚だと言いはる少女海野藻屑だった。最初は海野藻屑に苛立ちを覚えるも、彼女の奇妙な言動や、「好きって絶望だよね...