山田 朝右衛門吉継

首斬り朝(漫画)の主人公。読みは「やまだ あさえもんよしつぐ」。別称、首斬り朝。

  • 山田 朝右衛門吉継
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
首斬り朝(漫画)
正式名称
山田 朝右衛門吉継
ふりがな
やまだ あさえもんよしつぐ
別称
首斬り朝

総合スレッド

山田 朝右衛門吉継(首斬り朝)の総合スレッド
2016.01.25 12:36

概要

刀の切れ味を試す試刀と、罪人の斬首を担う、山田家の三代目。父親を斬り、山田流試刀術の印可を受けて、跡目を相続した。また、三代目になってから始めての首打ちで、自分の初めての女の命を絶った。それらの行いから、庶民に「首切り朝」と呼ばれ、怖れられる。しかし自分を律する心の奥には、情味豊かな人間性を持っていた。

自らの職掌を鑑み、妻子を持とうとしない。実在した山田浅右衛門吉継がモデル。

関連キーワード

山田朝右衛門の愛刀。父親の山田浅右衛門より託される。
山田朝右衛門の暮らす屋敷。いろいろな騒動が持ち込まれる。朝右衛門が斬首した者の位牌を置き、冥福を祈る部屋がある。
『首斬り朝』に登場する必殺技。山田朝右衛門の家に伝わる剣術。刀の切れ味を確かめる、眉間たて割りや二つ胴といった、独自の技を持つ。

登場作品

徳川幕府より公儀御様役に任ぜられ、試刀と死罪人の斬首を生業とする山田家。その三代目を継いだ山田朝右衛門は、庶民から首斬り朝と呼ばれ、怖れられていた。しかし、自らを律して、厳しい生き方を貫く朝右衛門の心...