山田浅右衛門吉寛

山田浅右衛門吉寛

無限の住人(漫画)の登場人物。読みは「やまだあさえもんよしひろ」。別称、首斬り浅右衛門。

登場作品
無限の住人(漫画)
正式名称
山田浅右衛門吉寛
ふりがな
やまだあさえもんよしひろ
別称
首斬り浅右衛門
関連商品
Amazon 楽天

概要

罪人の斬首を代々請け負う山田家の、4代目の男性。前髪を眉上で短く切って真ん中で分け、ロングヘアを高い位置でポニーテールにしてまとめている。目がぎょろぎょろと大きく、両頬が垂れ下がっている。その職業から「首斬り浅右衛門」と呼ばれている。吐鉤群の命により、綾目歩蘭人万次と死罪人を用いて行う人体実験の手伝いをすることになる。

関連人物・キャラクター

吐 鉤群

幕府の新番組頭を務める中年の男性。ちょんまげを結って口ひげを生やしている。表向きは逸刀流に友好的で、天津影久に逸刀流を幕府の講剣女の師範に召し抱えたいと持ち掛けるが、裏では自らの配下である無骸流を使っ... 関連ページ:吐 鉤群

登場作品

無限の住人

作品誕生のいきさつ沙村広明はコミックス最終巻である第30巻のあとがきで、本作『無限の住人』誕生のいきさつを語っている。もともと、沙村広明は学生時代、日本史も世界史も好きではなかった。しかし大学時代に目... 関連ページ:無限の住人

SHARE
EC
Amazon
logo