山谷 勝三

山谷 勝三

がんばれ元気(漫画)の登場人物。読みは「やまたに かつぞう」。

登場作品
がんばれ元気(漫画)
正式名称
山谷 勝三
ふりがな
やまたに かつぞう
関連商品
Amazon 楽天

概要

クリーニング屋店員。堀口元気が小学・中学生時代に出入りしていた丸山ジムで練習し、フライ級のプロボクサーになる。才能が無く、デビューから28歳まで一度も勝てず四回戦ボーイのまま引退する。妻・節っちゃん、息子・勝がいる。元気が上京後、度々訪れて世話を焼く。元気のデビュー戦時には、息子・勝が応援メッセージを書いたバンテージを持参する。

また、元気の東京での様子や試合の様子を田沼樹三郎・愛子に伝えることも多々ある。実在の俳優・川谷拓三がイメージモデル。

関連人物・キャラクター

田沼 樹三郎

堀口元気の母方の祖父。資産家。娘の堀口美奈子を連れ去ったシャーク堀口を憎悪している。シャーク堀口の死後、元気を引き取り、溺愛する。中学を卒業後プロを目指したいという元気に対し猛反対するが、最終的には若い頃大陸に渡って馬賊になりたかったという自身の夢を引き合いに出し、上京を許す。

堀口 元気

フェザー級のプロボクサー。人一倍優しい心の持ち主だが、心の奥底には激しい闘争心と勝利への執念を持つ。幼少時からボクシングのトレーニングを欠かさない努力家で、天賦の才もある。連載開始時は5歳。ドサ回りの... 関連ページ:堀口 元気

関連キーワード

丸山ボクシングジム

『がんばれ元気』に登場するボクシングジム。主人公・堀口元気が小学4年生~中学校3年生まで通っていた田舎のジム。元気の初めてのライバル・火山尊やクリーニング屋の店員・山谷勝三も練習していた。丸山会長の本... 関連ページ:丸山ボクシングジム

登場作品

がんばれ元気

プロボクサーである父ともつれ合うように生きていた5歳の少年・堀口元気が、父の死後、世界チャンピオンを目指してボクシングに打ち込む姿を描く。ボクシング漫画の名作『あしたのジョー』のファンでもあった作者が... 関連ページ:がんばれ元気

SHARE
EC
Amazon
logo