山里 康成

山里 康成

限界集落(ギリギリ)温泉(漫画)の登場人物。読みは「やまざと やすなり」。山里 龍之介とは親族関係にある。

登場作品
限界集落(ギリギリ)温泉(漫画)
正式名称
山里 康成
ふりがな
やまざと やすなり
関連商品
Amazon 楽天

概要

伊豆下田の限界集落にある廃業状態の温泉宿山里館の主人。銀髪で眼鏡を掛け、やや鼻が大きいのが特徴の男性。5年前に妻山里いずみが病死し、息子山里龍之介と二人暮らし。何かをやる前に諦めてしまう男。旅館を立て直すため小説を書こうとしていた。元ゲームクリエイター溝田透の立てる山里館再生計画に困惑しつつもそれに乗り、最終的には下田市長選挙に立候補する。

真面目で気に病むタイプで、切羽詰まると頭や腹が痛くなるが、適度に酒に酔うとスラスラと話せるようになる。自殺しようと山里館に入り込んだネットアイドル及川あゆと性的関係を持ってしまう。

関連人物・キャラクター

山里 龍之介

『限界集落温泉』の主人公の一人。伊豆下田の限界集落にある廃業状態の温泉宿山里館の息子で、小学校四年生の男子。短めに切りそろえた髪と比較的整った顔立ちが特徴。利発で理解力が高く、記憶力もいい。物事の本質... 関連ページ:山里 龍之介

関連キーワード

山里館

『限界集落温泉』に登場する温泉宿。伊豆下田の限界集落に建っている。大正時代以前に建てられた木造建築で、広い湯船は現在の基準では許可されない深さがあるのが特徴。経営に失敗して客足が遠のき、第1話の時点で... 関連ページ:山里館

登場作品

限界集落(ギリギリ)温泉

伊豆のとある集落にある閉鎖寸前の温泉旅館山里館を元ゲームクリエーターの溝田とおるが再興させるべく奮闘していく物語。原作鈴木みそ。 関連ページ:限界集落(ギリギリ)温泉

SHARE
EC
Amazon
logo