山里館

限界集落(ギリギリ)温泉(漫画)に登場する温泉宿。読みは「やまざとかん」。

  • 山里館
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
限界集落(ギリギリ)温泉(漫画)
正式名称
山里館
ふりがな
やまざとかん

総合スレッド

山里館(限界集落(ギリギリ)温泉)の総合スレッド
2016.01.25 12:36

概要

伊豆下田の限界集落に建っている。大正時代以前に建てられた木造建築で、広い湯船は現在の基準では許可されない深さがあるのが特徴。経営に失敗して客足が遠のき、第1話の時点で最後の営業を終えて3ヶ月。浴場の蛇口も半分は水が出ないなど施設各部が破損しており、廃屋だと誤解されることもある。

主人の山里康成が息子の山里龍之介と二人暮らしをしており、仲居も板前も解雇してしまった。廃業状態だったが、元ゲームクリエイター溝田透、ネットアイドル及川あゆと彼女のファン達がこの旅館に偶然集まったことにより、再生への道を歩み出していく。

登場作品

伊豆のとある集落にある閉鎖寸前の温泉旅館山里館に暮らす山里康成、龍之介の父子の元に謎の男溝田とおるという男が訪れる。彼は父子に立ち退きを迫る組合理事を舌先三寸でおい返し、一宿一飯のお礼に山里館再興のた...