山野 浩一

バビル2世(漫画)の主人公。読みは「やまの こういち」。別称、バビル2世。ソドム大佐とはライバル関係。

  • 山野 浩一
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
バビル2世(漫画)
正式名称
山野 浩一
ふりがな
やまの こういち
別称
バビル2世

総合スレッド

山野 浩一(バビル2世)の総合スレッド
2016.01.25 12:39

概要

平凡な中学生だったが、バベルの塔からの電波を感じ取ったことで力を認められ、塔の正当な主となり、バビル2世を名乗った。宇宙人である先祖バビルの能力を受け継ぎ、超人的な運動能力と回復能力を持ち、様々な超能力を使うことができる。ロデムロプロスポセイドン三つのしもべに常に守られている。

宿敵ヨミバビルの子孫で超能力者だが、力はバビル2世の方が勝っている。備わっている超能力はテレパシー、テレキネシス(念動力)、発火能力、エネルギー衝撃波、エネルギー吸収能力、催眠能力、変身能力など。

登場人物・キャラクター

R国空軍大佐。改造手術を施され、その命令にのみ従うよう洗脳されたヨミの改造人間。ヨミの命令を受け、バベルの塔の位置を探るため、探知ロボットBR三号を爆撃機に積んで飛び立ち、砂漠にばらまいた。調査結果の...

関連キーワード

『バビル2世』に登場する秘密の塔。バビル2世が住む。宇宙人バベルによって5000年前に建造された科学の要塞で超高性能コンピュータによって全てが管理されている。中東の某国の砂漠の中に立地し、普段は人口砂...

登場作品

平凡な中学生だった 山野浩一は、不思議な電波を感じ取ったことでバベルの塔に招かれる。宇宙人バビルの子孫であることが認められた浩一は「★バビル2世」となり、コンピュータが管理するバベルの塔と強大な三つの...