岡原 佳枝

危険がウォーキング(漫画)の主人公。読みは「おかはら かえ」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
危険がウォーキング(漫画)
正式名称
岡原 佳枝
ふりがな
おかはら かえ

総合スレッド

岡原 佳枝(危険がウォーキング)の総合スレッド
2016.01.25 12:35

概要

北海道から東京のみそらが丘中学に転校してきた。汗や涙がニトログリセリンに近い爆発物質だという特異体質の女子中学生。気温が30℃を越えたときに、汗や涙が地面などに落下するとショックで大爆発する。大きな建物が全壊することもざらだが、本人と爆発に巻き込みたくない人物は無傷のまま。

ただし、爆発性の体液が流れないよう我慢するとそれが自爆のようになり、佳枝の新陳代謝機能が停止してしまう。性格は明るくのーてんきで、恋人の牧野いくろうのことが大好き。たまに大喧嘩もするが、基本的に彼のことはいつも信じている。また、恋のライバルなはずの園部その子のことも、特異体質同士ということもあり、強い友情で結ばれている。

登場人物・キャラクター

『危険がウォーキング』の主人公の一人。みそらが丘中学に通う男子中学生で、岡原佳枝に告白して恋人となった。かつてはテニス部で、人並み外れた体力と運動神経の持ち主。愛する佳枝が爆発を起こしたのを察知すると...

関連キーワード

岡原佳枝や牧野いくろうたちが通う中学校。プールは屋外にある。制服は男子が詰め襟で女子はセーラー服修学旅行先は九州だった。主に佳枝の放つ汗で何度となく爆発に巻き込まれたが、その都度に保谷建設の手によって...

登場作品

みそらが丘中学に通う岡原佳枝と牧野いくろうは恋人同士。明るくのーてんきでお似合いの二人だが、佳枝は汗がニトログリセリンに近い成分という特異体質で、飛び散るとあたりが大爆発してしまう。さらには眼鏡を外す...