岡山 時彦

龍-RON-(漫画)の登場人物。読みは「おかやま ときひこ」。

  • 岡山 時彦
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
龍-RON-(漫画)
正式名称
岡山 時彦
ふりがな
おかやま ときひこ

総合スレッド

岡山 時彦(龍-RON-)の総合スレッド
2016.01.25 12:41

概要

『龍-RON-』に登場する人物。人気俳優。溝田健一が監督する映画作品「杏の花の咲く街」でていと共演。映画界きってのプレイボーイだが、演技に対してはとことん追求するタイプ。映画に対する知識も抱負で、近代的映画理論を主張する。肺病で余命宣告をされていて、その事実から逃げ出すかのように撮影所からていと一緒に突如姿をくらます。

死ぬことも考えたが、妻に子供ができたため迷いが生まれている。

登場人物・キャラクター

『龍-RON-』に登場する人物。押小路家の女中だったときに龍と惹かれ合い、紆余曲折の後に結婚。映画の撮影所でまかないの仕事をしていた際に女優としての才能を見出され銀幕デビュー、人気女優となる。天才俳優...

登場作品

京都の名門押小路財閥の長男に生まれた押小路龍は、会社経営には興味がなく、幼い頃から得意としてきた剣道を生かして大日本武徳会の武道専門学校(通称、武専)へ入学する。そこで師や同期の仲間たちと日々剣の修行...