岡部 靖文

岡部 靖文

秘密—トップ・シークレット—(漫画)の登場人物。読みは「おかべ やすふみ」。

登場作品
秘密—トップ・シークレット—(漫画)
正式名称
岡部 靖文
ふりがな
おかべ やすふみ
関連商品
Amazon 楽天

概要

科学警察研究所法医第九研究室、通称「第九」の所員。元捜査一課の敏腕刑事で、警視総監から室長・薪剛の監視役としての密命を託され、「第九」に抜擢人事として異動された。現在は副室長代理で、次期室長候補者である。はじめは現場第一主義で、MRI捜査には否定的な感情を持っていたが、「現場の状況というものが必ずしも客観的とは限らない」ことを身をもって体験したことにより、MRI捜査に理解を示すようになった。また、薪に対しても、捜査員としての高い実力を持つ一方で、内面的な脆さを抱えていることを知り、彼の片腕となる決意をする。

2025年7月20日生まれのA型でかに座。身長181cm、体重79kg。薪室長より1学年上である。出身は新潟県で、警察官だった父親は岡部が子供の頃に病死している。母親、妹と弟の4人家族だが、妹や弟とは年が離れているため、岡部が父親代わりの存在であった。小さい頃の夢は1人部屋を持つことだったが、これは兄弟が多かったためと思われる。

高卒で警察大学校に入校し、卒業後には中野北、池袋西警察署などの所轄勤務を経て警視庁捜査一課へ配属される。迷宮入り寸前の事件を解決して階級特進し、全国30万人の警察職員の憧れの存在となっていた。その後、「第九」に異動となり、東大や京大卒のエリートたちと薪の間に立って調整役を務めている。

関連人物・キャラクター

薪 剛

科学警察研究所法医第九研究室、通称「第九」の室長。階級は警視正。2027年1月28日生まれのAB型、身長163cmで体重50kg。2060年時点で33歳。小さい頃の夢はアメリカ人になり全米スペル選手権... 関連ページ:薪 剛

関連キーワード

科学警察研究所法医第九研究室

MRI捜査を専門に行っている組織。科学警察研究所に属するが、警察庁内の正式な機関という位置付けではない。基本的に現行の事件は他部署と合同で行う。

登場作品

秘密—トップ・シークレット—

MRI捜査という特殊技術によって死者の記憶が「視える」ようになった近未来の日本を舞台に、MRI捜査を手がける捜査員たちが、凶悪事件の背後に隠された「秘密」に迫っていくサスペンスストーリー。第15回文化... 関連ページ:秘密—トップ・シークレット—

SHARE
EC
Amazon
logo