岩兵衛

花の慶次 ―雲のかなたに―(漫画)の登場人物。

  • 岩兵衛
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
花の慶次 ―雲のかなたに―(漫画)
正式名称
岩兵衛

総合スレッド

岩兵衛(花の慶次 ―雲のかなたに―)の総合スレッド
2016.01.25 12:38

概要

前田慶次を主と仰ぐ巨漢の男。鍛えあげられた肉体を武器とし、徒手空拳で敵と戦う。山から切り出した材木を川下まで運んでは、使用した船を川上まで上げることを生業とした七霧の里の出身で、特に左肩の筋肉が異様に盛り上がっている。鬼のような風貌をしているが心優しい男で、自身が生涯で唯一愛した女・お雪の娘・おふうを里に連れ帰るために慶次の前に現れた。

おふうのために七霧の里まで同行して風魔の忍と戦い、さらには下馬してお雪の墓に手を合わせる慶次の姿に惚れ込み、家来になることを志願した。人の心を読む読心術の達人で、人混みの中は邪心が渦を巻いているため苦手である。

同じく慶次を主と仰ぐ捨丸とは良い相棒となり、どちらが一の家来なのか言い争うこともあった。

登場人物・キャラクター

前田慶次を主と仰ぐ忍。小柄な身体を活かした機敏な動きで敵を翻弄し、小太刀を使って鋭い斬撃を繰り出す。また、手製の炸裂弾や目眩ましのための煙幕なども使用する。元々は加賀の前田家に仕える忍で、慶次の愛馬・...
日本の戦国時代の武将・前田慶次郎をモデルとしている。加賀の大名、前田利家の甥で、身の丈六尺五寸(197cm)を超える大柄の武士。義に厚く、器の大きい自由気ままな風流人として生きる傾奇者にして、無類の戦...
武芸者の荒井願鬼坊に連れられていた捨て子の少女。荒井願鬼坊が討ち取った人物の耳を切り落としては桶に入れ、それを持ち歩く役をやらされていた。笑顔をまったく見せなかったが、前田慶次が荒井願鬼坊を討ち取って...

登場作品

時は戦国時代末期、加賀前田家の武将・前田慶次は、お家の鼻つまみ者として、当主の前田利家に疎まれながらも、稀代の傾奇者として好き勝手に、そして雅に振る舞い、人々の信任を得ていた。もはやその大器に加賀は狭...