岩本 三重

岩本 三重

シグルイ(漫画)の登場人物。読みは「いわもと みえ」。岩本 虎眼とは親族関係にある。

登場作品
シグルイ(漫画)
正式名称
岩本 三重
ふりがな
いわもと みえ
関連商品
Amazon 楽天

概要

岩本虎眼の娘。虎眼に服従する虎眼流門下生の男たちを「傀儡」と呼び、嫌っている。伊良子清玄の野心に利用されそうになるが、その虎眼に服従しない姿勢からかえって伊良子に好意を抱く。虎眼流から伊良子が追放された後には、精神的に不安定な状態に陥るが、伊良子が岩本家と対立し初めてからは復調。

虎眼が死亡したことで藤木源之助とは事実上の夫婦となり、、虎眼の「仇討ち試合」で伊良子に敗北してからは伊良子に対する憎しみを露わにするようになる。「駿府城御前試合」では藤木に同行し、伊良子との決着を望むが、伊良子に対しては愛憎入り交じった複雑な感情を抱き続けている。

関連人物・キャラクター

岩本 虎眼

岩本家の当主。右手の指が1本多く、精密な剣さばきを得意とする剣術の達人。流れ星などの独自の技術を開発し、流派虎眼流を開く。高齢から精神に変調をきたし、大半の時間が「曖昧」な精神状態にあるため、奇行を繰... 関連ページ:岩本 虎眼

伊良子 清玄

生まれながらにして常人離れした身体能力を持ち、技の習得も早い天才型の剣士。母親は夜鷹であり、出自に対するコンプレックスから出世欲の強い野心家。道場破りに訪れた虎眼流に入門し、二年足らずで藤木源之助と並... 関連ページ:伊良子 清玄

登場作品

シグルイ

江戸時代初期の駿府国を舞台に、藤木源之助と伊良子清玄の死闘と確執を描く。山口貴由の代表作。原作は南條範夫の時代劇小説『駿府城御前試合』で、その中の「無明逆流れ」のエピソードを中心に描かれている。 関連ページ:シグルイ

SHARE
EC
Amazon
logo