岩田 亮介

岩田 亮介

爆音列島(漫画)の登場人物。読みは「いわた りょうすけ」。別称、地獄大使。

登場作品
爆音列島(漫画)
正式名称
岩田 亮介
ふりがな
いわた りょうすけ
別称
地獄大使
関連商品
Amazon 楽天

概要

横浜の暴走族・CYCLONEのリーダーで、空手の腕前は達人級。自分の容姿を気にしており、それを隠すため常にショッカーの覆面を被り、地獄大使を名乗っていた。発言は「イーッ」のみで、命令は筆談で行うなど徹底している。ZEROSの集会時にCYCLONEがかち合ったことで、タカシらにその存在が認識された。

岩田の振る舞いに興味を持ったタカシが接近するが、岩田はこれを拒絶する。その晩、ひとりでバイクを走らせていたところ事故に遭い即死。岩田死亡の情報とともに、岩田の父親が自殺していて天涯孤独の身であったことがタカシらに伝えられる。

登場作品

爆音列島

舞台は1980年代の東京。流されやすい性格の主人公・タカシは、周囲に影響される形で暴走族の集会に参加。最初は決して乗り気ではなかったが、すぐに集団で暴走する行為に魅入られ、自分のバイクを手に入れるなど... 関連ページ:爆音列島

SHARE
EC
Amazon
logo