島 左近 勝猛

影武者徳川家康(漫画)の登場人物。読みは「しま さこん かつたけ」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
影武者徳川家康(漫画)
正式名称
島 左近 勝猛
ふりがな
しま さこん かつたけ

総合スレッド

島 左近 勝猛(影武者徳川家康)の総合スレッド
2016.05.06 18:10

概要

重臣として石田三成に仕える豪将。三成の清廉さと義理堅さをこよなく愛するが、一方でその潔癖さゆえの危うさを知る。関ヶ原の戦いに際しても、味方が数に勝るも、実際に信頼に足る相手は少なく勝利がおぼつかないことを看破していた。そのため、配下の六郎に徳川家康暗殺を命令。

その難題に六郎が応えて家康を殺害し、数多の死線を乗り越えて帰陣すると、家康討ち死にを叫びながら戦場を駆け巡る。動揺する徳川方を次々と撃破するものの、遺された影武者である世良田二郎三郎元信が本物の家康として采配。小早川秀秋が寝返ったことで一気に形成が逆転してしまう。正体を知らぬ影武者の将才に賛辞を送ると、再び徳川方との死戦に臨む。


大小数多の傷を負い瀕死の状態になるが、六郎の死に物狂いの奮戦によって命を拾い、京都で呉服商を営む遠縁の加藤数馬の屋敷に担ぎ込まれた。その後、意識が戻らずこんこんと眠り続けることに。しばらくして数馬が三成処刑の情報を得て六郎に伝えたところ、その瞬間意識を取り戻す。

主君の最期を見取ろうと刑場に引き立てられる経路に赴くが、しかしいざ三成の姿を見るや救出しようと身体が勝手に動きはじめてしまう。そんな左近を制止したのは当の三成。万一のときのために習得していた2人だけに通じる手話で三成から二郎三郎のこと、そして二郎三郎が秀頼の行く末を請け負ったことを伝えられる。

三成から後事を託された左近は、処刑場に先回り。三成が呵々大笑しながら斬首に処される一部始終を目に焼き付けた。壮絶な三成の最期を見て三日三晩寝込むが、のち完全に復調。秀頼を守ろうとする二郎三郎の思いがいずれ徳川家の利益を害するようになると予見した左近は、陰から二郎三郎に合力することを決意するのだった。

同時代の実在の人物・島左近勝猛がモデルになっている。

登場作品

時は戦国時代末期。もともとは身分の上下を気にしないことが信条の道々の者だった主人公の世良田二郎三郎元信は、その鉄砲の腕を買われて一向一揆に加わっていた。そこで二郎三郎が出会ったのが元徳川家家臣の本多弥...