島津 久義

島津 久義

武田みけん星(漫画)の登場人物。読みは「しまづ ひさよし」。

登場作品
武田みけん星(漫画)
正式名称
島津 久義
ふりがな
しまづ ひさよし
関連商品
Amazon 楽天

概要

鹿児島薩摩学園番長。九州連合3000人の総帥である。高校1年生にして九州全土を掌握した逸材であるが、許嫁を人質に取られたことで広島の毛利元輝の軍門に降っていた。武田晴信の前に毛利が屈した後は、晴信の「ラグビーによる天下取り」に合意したが、上杉景虎陣営の工作により離反。

最後の川中島決戦では上杉の同盟者として晴信側と戦った。

関連人物・キャラクター

上杉 景虎

自ら戦国時代の名将上杉謙信の再来を自認する武田晴信最大のライバル。新潟県越後学園1年生にして、越後闘竜隊総帥。晴信同様高校1年生ながら、北陸全域を制圧した総番長である。天才的な頭脳を誇る容姿端麗な男で... 関連ページ:上杉 景虎

登場作品

武田みけん星

山梨県の甲府風林高校1年生武田晴信は戦国武将武田信玄の生まれ変わりと言われ、その額の星型の痣から天下を取る宿命の元に生まれたと信じられていた。桁外れの度量と力にめぐまれた晴信は入学早々喧嘩を繰り返し、... 関連ページ:武田みけん星

SHARE
EC
Amazon
logo