島津 弥七

島津 弥七

黄門★じごく変(漫画)の登場人物。読みは「しまづ やしち」。

登場作品
黄門★じごく変(漫画)
正式名称
島津 弥七
ふりがな
しまづ やしち
関連商品
Amazon 楽天

概要

地獄界のフロア3「衆合」の別処無彼岸受苦処に置き忘れられた水戸みつくにを助けた青年。人間ながら地獄の獄卒たちを倒せるほどの力を持つ。弓を使って戦う。前世は天竜鬼神衆の夜叉王。人を見るとその人間の正体がわかるという能力を持つ。前世の記憶が残っており、天竜鬼神衆が人間として転生することになったいきさつを安積覚佐々木介三郎に教えた。

佐々木介三郎から同行しないかと誘われるが、育ての親がいるため、これを断る。中津賢也の別作品『徳川生徒会』にも登場する。

関連人物・キャラクター

水戸 みつくに

私立大壊高等学校の校長を勤める老人。安積覚と佐々木介三郎のケンカを止めようとしたところ、安積覚に蹴り出され、5階の窓から落ちて死亡。ふたりと共に地獄へ堕ちる。現存するすべての人間の顔をおぼているという... 関連ページ:水戸 みつくに

登場作品

黄門★じごく変

前世、天竜鬼神衆だった安積覚と佐々木介三郎。高校生の彼らは、校長先生の水戸みつくにをお目付役、閻魔大王の娘、蘭魔を案内役とし、閻魔大王の野望の阻止と人間界に来てしまった地獄界を元に戻すために旅をする。... 関連ページ:黄門★じごく変

SHARE
EC
Amazon
logo