崇 黒虎

崇 黒虎

殷周伝説 太公望伝記(漫画)の登場人物。読みは「すうこくこ」。

登場作品
殷周伝説 太公望伝記(漫画)
正式名称
崇 黒虎
ふりがな
すうこくこ
関連商品
Amazon 楽天

概要

曹州候で崇候虎の実弟。評判の悪い崇候虎とは性格が正反対で、蘇護と義兄弟の契りを結んでいる。崇候虎紂王から謀反を起こした蘇護の討伐を命じられたと聞き、無益な戦をやめさせようと調停をしに戦地へやってくる。その後、兄・崇候虎の非道を見かね、崇候虎を捕えて西岐の丞相・呂尚に差し出す。

登場作品

殷周伝説 太公望伝記

舞台は紀元前の中国大陸。夏が滅亡し殷の時代が始まりを告げた。600年後、殷の第30代王・帝乙に、後の紂王が生まれる。帝乙が死に、跡を継いだ紂王は悪霊に乗り移られた妲己と出会い、殷を崩壊の道へと歩ませる... 関連ページ:殷周伝説 太公望伝記

SHARE
EC
Amazon
logo