崎谷 浩平

はるか17(漫画)の登場人物。読みは「さきたに こうへい」。

  • 崎谷 浩平
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
はるか17(漫画)
正式名称
崎谷 浩平
ふりがな
さきたに こうへい

総合スレッド

崎谷 浩平(はるか17)の総合スレッド
2016.01.25 12:39

概要

ファインプロの敏腕マネージャーで松永幸昭社長の右腕と称され、童夢企画からはるかを引き抜こうとしたり、活動を妨害したりと暗躍する。松永幸昭の後継者を自任していたものの彼が選んだのは息子の松永洋一であったため、見切りをつけた崎谷は秘密裏にゲットオンを設立。

他社所属のタレントや女優を引き抜いてファインプロの弱体化をもくろむ。

登場人物・キャラクター

登場時はお茶の池女子大理工学部の4年生。実家は静岡県。就職活動にことごとく失敗して芸能プロダクション童夢企画の扉をたたく。マネージャー面接を受けたつもりが所属タレントオーディションで、素質を見抜いた社...

関連キーワード

『はるか17』の登場組織。童夢企画の社長福原剛史がかつて長谷川菜々子のマネージャーを務めていた業界最大手の芸能プロダクション。「芸能界のドン」と呼ばれる社長の松永幸昭のもと、手段を選ばないやり口で芸能...
『はるか17』の登場組織。ファインプロ社長松永幸昭亡き後崎谷浩平が所属タレントを大量に引き連れて独立・設立した新進芸能プロダクション。松永幸昭ゆずりの豪腕で一気に業績を伸ばし、はるかの制作する映画『蒼...

登場作品

お茶の池女子大4年生の主人公宮前遥は、ひとつの内定もとれずに就職活動が終わりそうになっていた。焦ったあまり童夢企画という小さな芸能事務所に正社員募集にマネージャーとして応募する。無事に採用されるが、彼...