嵐山 甚八

ななか6/17(漫画)の登場人物。読みは「あらしやま じんぱち」。別称、嵐山。

  • 嵐山 甚八
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
ななか6/17(漫画)
正式名称
嵐山 甚八
ふりがな
あらしやま じんぱち
別称
嵐山
別称
甚八
別称
お兄さま

総合スレッド

嵐山 甚八(ななか6/17)の総合スレッド
2016.08.04 14:46

概要

いわゆる番長で凪原稔二とは幼なじみで宿命のライバルもしくはケンカ友達だが、勝負は嵐山の方が負けている。普段は長髪のオールバックだが、稔二とのケンカに負けたときに一度、ツンツンした怒髪ヘアにされてしまう。その際、メガネを無くしたななか稔二と間違われてつかの間のデート気分を味わった。

その後、髪型は丸坊主になった。嵐山五月という妹がいるが、彼女には頭が上がらない。実家は嵐山道場という柔道がメインの武道の道場だが、教え子は近所の初心者に小中学生がメイン。その後、おりんちゃんことスケ番少女の夕立厘子と出会い、紆余曲折の末に恋人同士になる。いかつい見た目とは裏腹にかわいこちゃんに目がない結構な軟派だが、稔二の優しさ、優柔不断さが五月を含む彼に好意を抱く女性たちを傷つけていると知ったときは、本気を出して稔二とタイマンを繰り広げた。

登場作品

きまじめな女子高校生・霧里七華は幼なじみの凪原稔二に言われた言葉をきっかけに階段から転落し、そのショックで体は高校生だけど精神は無邪気な6歳児に戻ってしまった。七華は彼女の秘密を知った稔二やクラスメイ...