川上 練造

無限の住人(漫画)の登場人物。読みは「かわかみ れんぞう」。川上新夜とは親族関係にある。

  • 川上 練造
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
無限の住人(漫画)
正式名称
川上 練造
ふりがな
かわかみ れんぞう

総合スレッド

川上 練造(無限の住人)の総合スレッド
2016.01.25 12:37

概要

逸刀流の一員だった川上新夜の息子。もともと新夜とは別々に暮らしていたが、母の死後、一緒に生活するようになる。父が逸刀流とは知らず、父を殺した万次を仇と思っている。その後、地下牢に投獄されていた時に、尸良と知り合い、彼の手足として働かされることとなる。

登場人物・キャラクター

無骸流の一員。もともと人殺しを生業にしており、百琳より遅れて無骸流に加わった。残忍無比な性格で、四肢を切断して動けなくしてから嬲り殺すことを好む。逸刀流を壊滅させるという目的で万次とは共闘していたが、...
逸刀流剣士。浅野道場襲撃に参加し、浅野凜の母・浅野時を凌辱したうちの一人。普段は息子の川上練造と一緒にお面売りをしている。独特の美的センスを持っている。縁日で偶然、凜と遭遇。練造に過去を知られたくなか...

関連キーワード

『無限の住人』に登場する剣の流派。無天一流を破門になった天津三郎が興した。孫の天津影久によって広く普及し、江戸だけで千人の門人を抱える一大流派となった。「勝つことこそ剣の道である」が身上で、一対一でさ...

登場作品

江戸時代中期、すべての流派の統一を掲げる剣客集団・逸刀流に、両親を殺された少女・浅野凜は、不死の肉体を持つ剣士・万次を用心棒として雇い、仇敵である逸刀流統主・天津影久を追うこととなった。時を同じくして...