川岸 大介

ストッパー毒島(漫画)の登場人物。読みは「かわぎし だいすけ」。

  • 川岸 大介
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
ストッパー毒島(漫画)
正式名称
川岸 大介
ふりがな
かわぎし だいすけ

総合スレッド

川岸 大介(ストッパー毒島)の総合スレッド
2016.01.25 12:40

概要

パシフィック・リーグのプロ野球球団、京浜アスレチックス選手。右投げ右打ち。一塁手兼外野手。背番号7。初登場時22歳。大学3年の時に東都大学リーグで活躍したものの4年生の1年間はベンチウォーマー。なぜか木暮スカウトが逆指名までさせてドラフト2位で指名した。甘い球を打ち損じた後、とんでもなく難しい球をホームランすることがある超意外性の打者。

パワーはメジャー級と評価される。猫のような目をした鼻のでかい風貌で若手選手でありながら腹が出ている。入団一年目からベンツに乗って球場入りしていた。

関連キーワード

『ストッパー毒島』に登場するプロ野球球団。パシフィック・リーグ所属。毒島大広が所属する万年最下位球団。昭和40年代に二連覇を果たすが、その後八百長がからんだ黒い霧事件を起こし、主力が大量に追放され、以...

登場作品

高校時代まったく野球の実績がなく、高校も退学処分となった毒島大広。しかし、弱小プロ野球チーム京浜アスレチックスの名スカウトマン小暮武夫に目をつけられた毒島は奇跡的にドラフト会議で指名され、プロ野球選手...