左近介

火の鳥 異形編(漫画)の登場人物。読みは「さこんのすけ」。八木家正とは親族関係にある。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
火の鳥 異形編(漫画)
正式名称
左近介
ふりがな
さこんのすけ

総合スレッド

左近介(火の鳥 異形編)の総合スレッド
2016.01.25 12:41

概要

男装し、若侍の出で立ちをした娘。父である残虐非道な武将、八木家正の病気をを八百比丘尼の治療で治させないために八百比丘尼を斬る。目的を果たした後、自分が閉ざされた時空に囚われたことを知る。やがて、寺には怪我や病気で苦しむ者たちが訪れ、左近介に治療を懇願するのだった。

寺に隠された火の鳥の羽を使い、人々の病を治していく左近介。そして彼女の元には、魑魅魍魎までもが、治療を求めて訪れるようになる。魑魅魍魎たちを恐れずにいたわる左近介。そんなある日、彼女の夢に火の鳥が現れ、恐ろしい運命を告げるのだった。

登場人物・キャラクター

800年を生きながらえていると言われる比丘尼。左近介に斬り殺される。
残虐非道な殿様。娘の左近介を男として厳しく武芸をたたき込む。病気のために鼻が腫れ上がり、余命は2、3年と言われ、病を治すという八百比丘尼を呼び寄せる。『火の鳥』シリーズの猿田彦の子孫。

登場作品

残虐非道な武将、八木家正の娘左近介は、蓬莱寺に住む八百比丘尼を斬る。それは、病気になった父を八百比丘尼の治療で治させないためであった。だが、八百比丘尼を斬って目的を果たした左近介は、自分がその寺に封じ...